2012/11/23

霧が晴れたら、そこはイバラの道だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
















この間にもいろいろなことがあり、あーでもないこーでもないと
考えさせられることが多くあり、すっかり久しぶりの投稿に
なってしまいました。


この1週間で体験し、考えたことをレポートしたいと思います。


渡米してから毎日どうやったら英語圏ユーザーを取り込めるか
乾いたぞうきんを絞るように考え、トライし、改善・考え、
トライするという毎日を送っていますが、そうする中で
こちらで頑張られている方と接する機会も多く
その過程を報告し、フィードバックをいただいています。


富士山の頂上が英語圏のプラットフォームになるという
ゴールであるとすれば、今は1合目から2合目だと思いますが
小さい一歩ながらも日々着実に階段を登っている実感は
あります。ただ、これまでは富士山の頂上は雲の中に隠れており
10合目がゴールで、あの辺りが頂上だろうというぼんやりとした
予測はつくものの明確には見えていませんでした。


しかしこの一週間で聞いた話で雲が晴れ、ChatWork社の
進むべき道が見えたような気がしています。


※富士山の頂上に達したら、その向こうにエベレストが
そびえているかもしれないけれど・・・


10年以上シリコンバレーで活躍されているお二人の方に
話をさせていただく機会があり、いただいたフィードバックが


■Aさん


「KDDIと組んで日本でうまくいっているようなモデルは
アメリカでは通用しない。なぜならAT&TもVerizonももはや
力はなく完全なる端末販売に特化した土管屋さん状態だから。」


※なるほど、日本のKDDIさんとの業務提携のモデルを海外に
輸出しようと思っていたモデルはうまくいかないのか・・・


「逆に日本と違ってアメリカは大企業が積極的に新しい
ものを採用する。ユーザーがいるところに市場が育つ。
アメリカのエンタープライズ市場が盛んなのはそういう
背景があるから。日本は大企業はコンサバでしょ。」


※2、3人のスタートアップのサービスがフォーチュンに載るような
会社が採用してくれることも多々あるらしい。いいなぁ。笑
でもこっちにいるから自分たちにもそのチャンスはあるはず。


「事業絞って、社名変えて、社長自ら攻めてきてるんでしょ。
チマチマやってたらだめ。他人資本を入れないよう方針が
あるなら、借入をしてでもドーンとやらないと。Greeや
DeNA、サイバーエージェントが芽が出始めてるのも
投資しまくって本腰を入れたから。それでもまだまだ。」


※一生懸命やっているけれど、確かに言われてみれば社運を
賭けて来ているのに、チマチマしていると言われたら
そうかもしれない。。さぁ、どうするかなぁ。と悩んでいたら
写真の通り駐車場でバック中にコツンとトラックに当てた。。。
こういうことを考えてる時は運転しない方がいいですね。笑


■Bさん


「そもそも日本人のプレーヤーが少ない。1万人に1人しか
成功しないとしても1万人いるから1人が生まれる訳で
1万人に満たない今の現状で成功する日本人が生まれないのは
当然のこと。もっとプレーヤーが増えないといけないし
日本人の細やかな気遣いは残しつつも、もっと図々しく
ならないとこれから世界で勝ち残っていくのは無理」


※僕も大阪人で日本では図々しい方に入る?かもしれないけど
インド人、中国人に比べたら足元にも及ばない。待ってたら
機会は逃げていく。積極的にガンガンいかないと!


「君の会社は100%君がオーナーなんだろ?ということは
ストック・オプション出せないなら、アメリカ人で良い人は
雇えないな。年収数千万以上出せるなら別だけど、
スタートアップは金が出せないからストック・オプションで
夢を与えることで良い人を集める。中途半端なキャッシュで
最初の一人を雇ったら、次から入ってくる人も中途半端で
人数が増えても、スキルは低くコストがかさむだけだ。」


※えー、そんなに?!と思いつつも、15年シリコンバレーの
投資家をされてる方の意見だけに納得させられる。。


「そもそもBaseballと野球の違いなんだよ。一見同じように
見えるけれども、ボールも違えばストライクゾーンも違う。
それを野球でうまくいったからBaseballでもうまくいく
だろうと甘い考えでやってくる日本人が多すぎる。
こっちで勝とうと思ったらこっちのルール、こっちの
ストラクチャーで最初からやらないと勝てるはずがない。」


※うーむ、確かにそうだなぁ。いつも自分でも言ってるけど
同じ道路、同じ車に見えても日本は右ハンドル、アメリカは
左ハンドル。同じように運転したら大事故になる。


だから僕はシリコンバレーに行くからには、マネジメントも
バイリンガルにならないといけないと覚悟はしていたものの
英語もまだまだ中途半端な状態でこの現実を聞かされて
さて、これからどうするかなと。


神様は僕にどこまで試練を与えるんだろう。 と
笑っちゃうしかないですね。笑


僕の性格は超がつくほどポジティブなので、
こんなに無理無理と言われたら、逆にそれだけ難しいなら
僕がそれをやってやろうじゃないか!と思っちゃう性格
なので燃えてしまいます。


さぁ、いっちょやったりますか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ChatWork シリコンバレー社会人インターンシップ研修プログラム