2013/04/19

マネジメントのバイリンガルを目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上記は本日ChatWork上に作ったグループチャットのスクリーン
ショットです。


どういうチャットかというとChatWorkの英語圏でのソーシャルメディア
マーケティング担当者で構成されたグループチャットです。
具体的にはTwitterとGoogle+の運営を担当するネブラスカ州のFさん。
Facebookページの運営を担当するシアトルのSさん。
英語ブログを担当するChatWorkメンバーの谷川と池田、
そして私の5人のチャットです。


FさんとSさんはこのグループチャット上で初めて出会っていますが
私もFさんとSさんとスカイプで話したことがあるだけで会ったことは
ありません。ChatWorkを英語圏で普及させるためだけに
契約し、グループチャット上でつながって目的達成のためだけに
コラボするチャットです。


グローバル企業は大企業であっても目的のための組織を構成し、目的が
達成されたら、もしくは達成不可と見えた場合解散するそうですが
※1000人単位で解散して一気に解雇するということも良くあるそう。
その働き方を自分主導でチャレンジしているのでドキドキしています。


まずは3ヶ月の期間でこのプロジェクトを進め、進捗が良くなければ
このグループチャットは解散することになります。


日本では社員をクビにしないという方針で、組織に当てはまらない人が
出たら、その人に合う部署へ異動したり、その人が得意なプロジェクトを
作ったり、新たな部署を作ったりということをしている私が
アメリカではマネジメント脳をガラリと切り替えて、明確な目的、
必要な組織、必要な手段を合理的に準備し、達成できなければ即解散
という真逆のことにチャレンジしています。


例えると一見同じように見える車の運転を日本と同じように
アメリカで運転すると反対車線で大事故になるのと同じで、
日本のマネジメント感覚をアメリカで実践するとうまくいきません。


右ハンドルのマネジメントは得意ですが、左ハンドルは初めてなので
ドキドキしつつワクワクしながらアクセルを踏み始めた感じです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ChatWork シリコンバレー社会人インターンシップ研修プログラム