2014/07/08

ビザ問題完全解決のために、ついにE2ビザ取得申請へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ進出の際にハードルとなるのがビザ。
進出するスタートアップが体験するビザの苦しみについてはこちら


現在は駐在員用のLビザですが、投資家用のEビザに
切り替えるための申請書類がついに完成!


■Lビザやグリーンカードと比較したEビザのメリット
※専門家ではないので私が聞いて理解している範囲

●Eビザの有効期限は5年単位かつ更新回数が無制限!
(Lビザは1年や2年単位で上限7年までしか更新できない)
●Lビザに比べて更新が簡単
●CEOがEビザなら日本人社員にEビザを発行できる
(CEOがグリーンカードならEビザを発行できない)
●アメリカ滞在日数に縛られず、自由に世界を飛び回れる
(グリーンカードは年間180日以上アメリカに滞在しないといけない)

Eビザのデメリット

●Lビザに比べてグリーンカードに切り替えにくい
(グリーンカードに全く興味ないので問題なし)
●Eビザの申請が拒絶されたら観光ビザでもアメリカに入国できなくなるらしい?!

これは大問題です。笑 最悪、就労ビザがなくても観光ビザで
アメリカに入国できれば展示会や商談には参加できますが、
入国自体ができなくなったら大問題!!笑

ビザ弁護士に「これ怖すぎるんですけど!」と伝えたら
「Eビザ落ちても1年半はLビザがまだ残ってるから大丈夫。」とのこと。

なるほど。笑

1年半以内にEビザ再申請して取得しちゃえばいいのか!

うーむ、やはりどこまでいってもアメリカのビザ問題には
いろんなところに落とし穴やリスクがいっぱい!

でも起業でも何でもチャレンジにはリスクはつきものだから
成功した時の大きなメリットを得るために構わずGOGO!


落ちたら落ちた時に考えよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ChatWork シリコンバレー社会人インターンシップ研修プログラム